バス釣りめいろ

霞ヶ浦・北浦の近場に在住。 ブラックバスは何処でも釣れて、 何処でも釣れません。 結局『○○ポイントが釣れる』という情報は案外当てになりません。 釣れる場所(条件)は人の出入り含め、刻々と変化します。 釣れない時は“めいろ”に迷った心境。 本能で行動するバスの居場所を読み解く。 そのプロセスを皆さんと共有出来ればと思っております。

運命の分かれ道!【ワームとプラグどちらを先に投げる?】

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

ルアー(疑似餌)の種類が多い=バスフィッシングの醍醐味とも言えると思います。


使用するルアーに合わせてラインの太さ・種類も様々で、これほど釣具の幅が広い釣りはそうそう有りません。

f:id:somixxxxx:20190617135628j:plain



 

 

釣れた場合の要素は⇒場所、テクニック、気温等の気象状況含め人それぞれ得る部分は違うと思います。

 

バスフィッシングでは上記の釣れた要素に加え、
『今コイツを投げたから釣れた』という満足感が加わります。


自らが状況に応じ考え、選定したルアーでヒットした!
これはルアーの豊富さ故に享受できる喜びなわけですよね。

 

 

しかしながらこのルアーの種類の多さ故に負のスパイラルに陥る事も有ります。
神経質な個体のバスにブリブリの強波動クランク等を投げれば、すっ飛んで逃げてしまいます。

 

 勿論、釣ろうとしている個体が『ナニ』に好反応を示すかなんて分かるハズも無く。
ここは基本、環境で判断するしかないと言って良いと思います。


風が強い弱い、人の出入りが多いのか、流れがあるのか、濁り具合、レンジ等を総括して・・
『コレを投げよう』と。

 

  

 

 

 

 


往々にしてワームの方が安定して釣れる感じはあります。
じゃあワームだけ投げてれば好釣果なのか?というとそんな事は無く。

 

 

散々ワームを投げても反応が無く、クランクに変えたら簡単に釣れたという事は良くある話ですね。

f:id:somixxxxx:20190617170942j:plain


そこが難しくも面白いw

f:id:somixxxxx:20190617141700j:plain

 

そこで表題の件に戻りますが、
ワームとプラグのどちらを先に投げるかで、釣果を左右する事は十分にあり得ます。

 

 

 

何でも無難に使えそうなコンディションで・・
どれを出そうか?と迷った場合。

 

 

 ↓のような極端なコンディションではライトリグを使う人は少ないと思います。

f:id:somixxxxx:20190617141942j:plain

 

 

 

 

 

やっぱりね・・
とか言われちゃいそうですが、
自分的には『最初はワーム』推しですねw 

f:id:somixxxxx:20190617170153j:plain

 

理由はベタですが、
強波動系のプラグやスピナベだと警戒させてしまう要素が強い故です。

 

 

ここがダメなら即移動、と簡単に出来ない状況も多いと思います。
土日のような混雑した時期等は尚更です。
釣れたかも知れない魚を取りこぼさない為には、早い段階で警戒されるのだけは避けるべきだと考えます。

 


勿論ワームが警戒されないというわけではありません。
が、単純にクランクやスピナベを通して・・
『ヤバッw』って感じのダッシュで逃げられるシーンを過去何度も見ているので、学習されたバスには分が悪いかなと思っています。

 

 

 


結局適材適所なのは間違いありません。
沢山移動できる前提で早い釣りを展開するならば、巻きでどんどんサーチして動いた方が良い結果にもなり得ますし、釣れればソレが正解なんですよね。

f:id:somixxxxx:20190617171613j:plain

正直、動画でプロが豪語している内容でさえ、
そんな事は無いだろうwと思う話も多々あります・・


最近は『〇〇である』と決めつけない事が大切ではないかと思っています。

 

 

本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

 

梅雨入り&近況

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

前回から結構な日数が過ぎてしまいました。
書きたい事はそれなりにあるのですが、中々時間が取れず・・

 

というわけで、本日は近況とチョイネタを合わせて書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

私事ですが、この年になって普通二輪の免許を習得する予定です。
400㏄クラスまでのオートバイですね。
どうしても人生でやり残した的な事案だったので、相当迷いましたが家族の賛成も得られたので取得に踏み切りました。


順調に進んでおり、残すは卒検のみです。
なんとか一回でクリアした所ですけど勝算は自分もさっぱりです。

 

 

 


釣りもチョイチョイ行っています、釣果はまあまあです。
一年ぶりくらいに野池に(野池はあまりやりません)

f:id:somixxxxx:20190614093126j:plain

 

 

 

 

 

 

スピナベ好きなので、ビーブルも買いました。
思いの外、小ぶりなサイズでハイピッチャーと同等な感じです。
霞ヶ浦水系には絶妙、良いサイズだと思います。

f:id:somixxxxx:20190614093340j:plain

 

 

フィーリングについてですが、
スプリッター搭載により、引き抵抗は強い部類に入ると思います。
釣れない時、‘‘探り‘‘で数を投げる時などは案外疲労するかもしれません。
又、引き抵抗が強い=概ね強アピールの部類に入ると思います。

f:id:somixxxxx:20190614093414j:plain

いつもの事ですが・・
「これは釣れる」とは言いませんよw

 


この日は実際コレで釣れませんでしたし。
何よりこのスプリッターから生まれる動作により、他のスピナベより釣れるという証拠は何処にもないです。
当面使ってみて、自分としての答えが出たら本音で書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが・・
霞ヶ浦水系で白魚パターンとは散々言われますが、

食べた事あります??霞ヶ浦の白魚。

 

因みに自分は地元なのに有りませんでしたw

 

 

この前セイミヤで売っていたので買ってみました。
確かコレで400円位です、同類魚と比べ高いですねw

f:id:somixxxxx:20190614094759j:plain

 

f:id:somixxxxx:20190614094922j:plain

普通にサラダにチラシて食べましたが、味は・・
凄く美味しかったです。
今まで食べてきた普通?のスーパーで売っているものより魚としての味も濃く明らかに違いを感じました。


多分、サラダとかより酒の肴(ツマミ)として食すと最高かもしれません。
遠方から来られる方は要クーラーボックスになってしまいますが、是非一度食べて頂きたいと思いました。

 


流石、霞ヶ浦のダイヤと言うだけありますw 

www.ibaraki-shokusai.net

 

 

 

 

因みに、ご存知の方もいると思いますが、
延方のセイミヤ駐車場内には、ひとクセある中古釣具店が存在します。

f:id:somixxxxx:20190614100726p:plain

その名も『パワースポーツ』
何故パワースポーツなのかは不明ですが、大半が釣具ですw

 

始めて行かれる方の衝撃を大切にしたいので?w写真は載せませんw

 

 

店内は雑然としており、掃除した形跡は皆無w
何故か発売間もないルアー関係まで埃被りパッケージも劣化気味・・
オールド加工?w

 


笑えるのが、近所の漁師と知り合いなのか、明らかに根掛かり回収したと思われるルアーが床の段ボールに投げ売りされています。

 

 

 

ですが、
ロッドやリールの中古品は相当に旬なものが置いてあります。
価格設定も絶妙で、店主はしっかり市場を把握している感じアリです。
勿論、古いタックルも多数置いてあるので、掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

 もしご存知ない方は一度行ってみると面白いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

最後に、
オートバイの件は釣りとは関係無さそうですが、自分的には結構あると思っています。
車だと止められないポイントってかなりあるんですよね。

良さそうなポイントを見つけるも、駐車スペースが無い!
マナーの良い人ほど幾度となく経験されていると思います。

でも2輪なら行けるぞっ、というわけです。
降りて押せば歩行者扱いになります。


勿論何処でもOKってわけでは無いですし、実際どの程度釣果に影響するか(持てるタックルは減るわけですし)分かりませんが、中々面白いかもしれません。

f:id:somixxxxx:20190614102215j:plain



 

 

おもいっきり纏まりなくバラバラなネタを書いてしまいましたが、落ち着いたら今まで通りの更新(といっても定期的では無いですが)をしていきたいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

 本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。

 

 

 

 
 

ヤバい暑さ

お疲れ様です。






急激に暑くなりました。
ニュースでは北海道が39℃超えと大騒ぎしていますね。



もちろん霞ヶ浦水系も激暑です。
上半身裸で釣りする方もいるようですw


しかしこの急激な暑さは人間が対応しきれない事態も十分にあり得るので、無理だけはしないようお願いします。



個人的にはですが、
猛暑日の釣りは最も暑くなる11時~14時位までは無理に周る必要は無いと思っています。


相当良いシェードや流れがあるポイントにありつけたなら、少時間やるのも有りかもしれません。
が、晴天の暑すぎる時間帯(無風なら尚)は釣れる要素は非常に低いです。
f:id:somixxxxx:20190526235917j:plain

プラグ系は食い付きが悪いし、ワームやライトリグを使うにしても繊細なアプローチを展開して釣れるかどうかって感じです。
酷暑のなかチマチマとライトリグなんて苦行以外の何物でもないですw


苦行だけならまだ良いですが、命に係わるレベルなのでここは無理をする所ではありません。
f:id:somixxxxx:20190526235746j:plain



釣りではありませんが、自分も以前仕事で熱中症になった経験があります。
勿論、重度ではありませんでしたが、眩暈と吐き気が酷く空腹時にも関わらず全く食欲が無くなってしまい、身動き取れなく・・

多分、熱中症だと思い冷房の効いた部屋で体を休め、同時に脇下を冷やして対処しました。

この熱中症の判断も普段ならすぐに把握出来た事態なのですが、なにせ意識が朦朧(もうろう)しているので、何をするにも判断力が低下してしまい危険な状態になっています。



霞ヶ浦水系は殆どの方が遠方から釣りに来て下さる人ですね。
なので、自覚症状が微妙な軽い熱中症だとしても、帰りには結構な距離の運転をされる筈です。

暑ければ車で昼寝しても良いですし、スマホで時間を潰すのもありです。
とにかく少しでも体に異変を感じたら冷房全開の車で体を冷やしましょう。

酷暑の釣りで無理に頑張っても得るものは微妙です。


ストイックな釣りをしたいのであれば、真冬やりましょうw
流石に関東地方の寒さで命を落とす事は、まず無いですからね。
落水しない限りw
自分も真冬の釣りは好きです。
真冬北浦でお会いしましょうw
f:id:somixxxxx:20190211171156j:plain


本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。

バズベイトの魅力

お疲れ様です。








トップの良い季節ですね。

久しぶりにバズベイトを買い足しましたよ。
f:id:somixxxxx:20190524081421j:plain

DUOから新たに発売された村田基監修モデルです。
www.duo-inc.co.jp

去年買おうと思い潮来釣具店に行ったら置いていなかったという・・
なんでだろw 売り切れ?



見た目もカッコ良いですよねコレ。
f:id:somixxxxx:20190524081455j:plain
ウェイトを後方重心設計にして飛距離を稼ぎ、更にワイヤーに独自の角度を設定した事でバラシを軽減する工夫等がなされています。




本日のお話は標題の通り、バズベイトの魅力をお話させて頂きたいと思います。
普段あまり使わない方も僅かでも興味を持って頂ければ幸いです。


『カラカラ』とハイペースで巻き上げ反応を見る。
勝負が早くて『ドバッ』とトップに出る釣りはバズベイトオンリーでエキサイティングです。
ドバッと来たけど乗らなかった~っ!!
それもまたバズの面白さなんですよね。


『俺は生粋のバズベイターだぜ!』
という方も是非お付き合い下さいW




自分のお気に入りのバズベイトです。
f:id:somixxxxx:20190524085201j:plain
右から
メガバス:オロチjr
PDL:バスティンツイスター
ゲイリーヤマモト:ジャンボバズベイト
ダイワ:バズベイトSS



バズベイトって各社それぞれ工夫がなされているものが多いです。
ダイワのバズベイトSSは、キャスト時にペラにロックが掛かることで、回転により飛距離が落ちてしまうのを回避する機構が付いています。

リトリーブ時
f:id:somixxxxx:20190524090226j:plain

キャスト時(飛行中)
f:id:somixxxxx:20190524090237j:plain
↑因みにこの機構は実際にかなり効果あります、オススメです。




音については諸説あります・・
古くなりペラの摩耗が進行した、
『キュルキュル音が出る方が釣れる!』
と言うような、音質の違いで釣果に差が出るような説もあります。
この辺は中々奥が深いです。




★バズベイトの釣れる条件。
自分的にバズベイトを使える=happy day
なんですよ?

どういう事かと言うと?
バズベイトを使える(出せる)シチュエーションは結構な条件があります。
単純にワームで丁寧な釣りをしている方の近くでは使えない等の制約もありますが、釣れる条件としても色々あります。


勿論、白昼だろうが真冬だろうが釣ったというデータは沢山ありますが、やっぱり釣れ易い条件はあります。

その条件を満たせれば釣れる確率は跳ね上がります。



1、早朝
1日を通してベストな時間は間違いなく早朝です。
夕マズメも良いとされていますが、自分的には朝をオススメします。



2、気温
早朝でも比較的暖かい気温が理想です。
寒い朝より『ヌルイ朝』です。



3、曇り
これはバスフィッシングであれば、定説ですがトップでの釣りは更に重要です。



4、人
その日の朝、まだ誰もルアーを投げていないポイントである事。
トップでの釣りは人の気配を感知された場合、マズ出て来ません。



5、ベタ凪
無風状態ですね。
完全な無風じゃなくても良いですが、水面が波立っていない静かなツルンとした状態が好ましいです。



どうですか??
これ全部満たすとなると、なかなか厳しい条件だと思いませんか?
この条件を満たした日に巡り合う=happy day
と、いうわけですよw
これらを高レベルで満たせばバズで釣れる確率は相当高くなります。


f:id:somixxxxx:20190524094643j:plain
↑早朝、こういうキワ(右奥)は狙い所です。




★バズベイトの長所。
とにかくサーチが早い事です。
同じ所は2.3回も通せば十分で、巻き速度もトロトロ巻いていると沈んでしまうので、自ずと早め早めのテンポで探るようになります。
※あえてガッツリ沈ませて釣るという裏技もありますが、ここではセオリー通りに行きますw


そして最も良い点は根掛かりの少なさですね。
コレほど根掛かりに強いルアーは中々ありません。

底がゴミだらけで、すぐ根が掛かるの霞水系では有難い性能です。
『トップだから根掛からないのは当たり前だろ?』
と言われそうですが、ポッパー等のトレブルフックを搭載したルアーでは根掛かる状況は結構あります。
良い例が漁師が目印に立てている杭等ですね、時々杭と杭を縄で繋いでいる場合もあるので、僅かに沈んだ縄の餌食になったりもします。

更に霞名物キンチャクの上だって通せちゃいますからね。


琵琶湖でビッグベイトがラッキーアイテムならば、
霞ヶ浦水系はバズベイトですよw


勿論、上記の条件を満たさなくても釣れる時は釣れるので、あまり使わない方も1日の釣りを占う気持ちで早朝に出してみてはいかがでしょうか?




本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。



19 スコーピオン1652R-2 インプレ(キャストフィールなど)

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間ですが北浦へスコーピオン1652R-2の試投に行ってきました。
釣りたい気持ちもあったのですが、ダメでした。
見ての通り強風でミミ

 

強風コンディションは苦手なんですよね。
自分的には雨の方が全然良いです。

 

 

ざっぱんざっぱんで、護岸に立っているとびしょ濡れになりますw

f:id:somixxxxx:20190520163221j:plain

 

 

良く使う7gテキサスと
スピナーベイト3/8、1/2を試してきました。

 

 

 

 

 

f:id:somixxxxx:20190520164306j:plain

テキサスはワーム含めて概ね10gちょい程度でしょうか?
まったく問題無く、キャストフィールも良い感じです。
10g前後あれば十分にロッドが曲がるので、リリースするタイミングもゆとりがあります。

 

 

確か、釣り系YouTubeでフィッシングショーで1652R-2を触った方が、
『硬い!?』と表現されている方を見ましたが、そんな事はないと思います。

ロッド自体のパワー、トルクは相当内包されているのを感じますが、柔硬で表現すると確実に『』のロッドだと思います。

 

 

 

そして、昨今の6.5フィートクラスのロッドとしてはグリップも長め(242mm)なので、Wハンドでのキャストが相性良く、ポンポン打てます。

 

 

嬉しい誤算だったのが、スピナーベイトのウェイトです。
昨今のⅯクラスロッドだと3/8より1/2の方が、フィーリングが良いロッドが多い気がします。
が、1652R-2は3/8の方がベストマッチでした。

f:id:somixxxxx:20190520165855j:plain

当然ですが、飛距離は1/2の方が飛びます。
ただし両方交互に試してみると、3/8の方が自然にキャスト出来る感じ。

 

 

スピナベと言ったら基本ウェイトとなるのは3/8を想定する方が多いと思います。
自分もそうなので、これは嬉しかったですね。

 

とにかく気持ちが良い、決まる。
ノリーズのロッドはサブネームが付いていますが、スコーピオン1652R-2でそれを真似ると『サイドキャスト・アキュラシー』とか命名されそうですw

 

 

 

 

又、普段から多用するスピナベのピッチングも最高でした!
とにかくやり易い!低い弾道で狙ったポイントにビシビシ入ります。

f:id:somixxxxx:20190521100044j:plain

ピッチングは若干固めのロッドが扱い易い傾向にありますが、このスコーピオンはロッドのバランスに加え、6.5フィートというロッド長が功を奏しているのか、軽く手首で返すだけでスーッと這うように飛びますよ!
相反する柔剛が双璧をなしている感じすらあります。

 

 

良く曲がり、粘りもあるので掛けてからバレ難いのも間違いないと思います。
釣ってませんがw

f:id:somixxxxx:20190521100451j:plain

 

 

スコーピオン1652R-2を使ってみて思ったのは自分にはこれ以上ないバーサタイルロッドだと感じました。

 


特におかっぱりでは、ワーム特化や巻き特化のロッドを持っていても、バーサタイルは絶対的に有った方が良いんですよね。

 

ボートのように何時でも手元に目的のロッドがあるわけじゃないですしね。
ランガンして車から相当離れてしまった状況で、今アレが必要だ!というシチュエーションで対応出来る可能性があるのがバーサタイルロッドじゃないでしょうか?

 

 

個人的には買って大正解でした。

f:id:somixxxxx:20190521100306j:plain

 

 

 

 

自分の感想になりますが、
スコーピオン1652R-2はこんな方にお勧めです。

◎ロッドを曲げて共同でキャストするのが好きな方。
◎サイドキャスト、ピッチングを多用する方。
◎ダブルハンド主体でキャストする方。
◎感度よりアキュラシー重視な方。

 

逆にあまりオススメしない方は、

◎軽いロッドを好む方。
◎感度重視な釣りをする方。
◎しっかり曲がるロッドを好まない方。

 

 

スコーピオン1652R-2は村田基氏が幾度となく口にする『ロッドに投げてもらう』という特性が具現化された仕様だと思います。

 

 

 本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19 スコーピオン1652R-2 開封(デザインなど)

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

やっと、ほんとにやっと届きました。

スコーピオン1652R-2

 

 

確かネットショップで注文したのが、3月頃でした。


数週間後、ショップから納期が遅れますあと連絡が。
売れすぎて供給が間に合わなくなってしまった為、お店に納入されない状態になってしまったらしく・・

 

多分初期ロットが即完売だったのではないでしょうか?
5月以降になりますとの返答で;;

 

 

新スコーピオンのロッドについてネットで色々調べると、既に所持している方も多くもっと早く注文していれば遅れは無かったのかと後悔・・

 

色々な人のブログや情報サイトを見て、

『アレ?』と思ったことがあります。

高級のタックル指向の人も購入している?!

 

なるほど、完売も納得ですw

 

 

 

スコーピオンはロッドとしては歴史も長く、加えて村田基氏監修のもと相当なブランド力を確立している感じがあります。

 

そして今回のモデルチェンジで、旧ワールドシャウラ(青)と同等のブランクスを採用したとの事で、それが更に興味を掻き立てているのかもしれません。

 

 

自分の購入動機は材質や装備よりも、
村田基氏=キャスト
ですね。
村田氏が関わるロッドは、流行りに捉われることなく、1にも2にもキャスティングに重点を置いている、と思っています。

 

材料や形状の云々よりキャスト重視、それが2万円台で買える。
ミドルクラス価格のタックルを好む自分には、是非って感じでした。

 

 

 

 

とりあえず今回はディテールの紹介です。

まず屋内で開封した後、折角なので外に出て自然光(陽の光)の下でも撮影しました。

 

 

 

ケースはこんな感じです。
特に奇をてらった雰囲気は無く、普通です。

f:id:somixxxxx:20190518204908j:plain

 

 

 

 

まず握ってロッドのしなりやバランスを体感したい。
実際に投げないと本当の感触は分かりませんが、空振りだからこそ伝わり易い部位もあり・・

f:id:somixxxxx:20190518204239j:plain

 振ってみて、
『あっ、違う!』良い意味で

 

 

 

何が違うかと言うと、先オモリ感です。
ダル感もありありです!


昨今のバスロッドに比べると、ティップ側への重さが別物です。
チョットの差じゃないですね、子供でも分かるくらい明確に違います。

 


同等のMクラスのバーサタイルロッドが何本かありますが、比較するまでも無くティップ側が重くダルいです。

 

 

単にガイドがチタン製じゃないとか、マイクロガイドじゃないから、という理由だけでここまでは明瞭に表れないと思います。
確実にセッティングで狙っている雰囲気です。

 

先が重いという事は、しっかり曲げてロッドと共同でキャストするようなフィーリングが期待出来ます。
これは楽しみです。

 

 

ガイド先端を硬い所に当てて感度を見る限り、一般的なレベルかなと思います。
同じようにブラックレーベル+ 6101MFBで試すとこちらの方が、感度は上です。

 

 

 

 

 

丁度、対局と思えるロッドが同社にあります。
ジャッカル×シマノのポイズン系です。

fishing.shimano.co.jp


色々なグレードが出ていますが殆どのものが、
より軽く、高感度に。
という指向で製作している感じですね。

 

 

 

 

スコーピオンは感度や軽さよりも、キャストフィール(アキュラシー)重視のロッドですね。
個人的には非常に好みです、期待が膨らみます。

 

 

 

 

それでは外で雰囲気を・

f:id:somixxxxx:20190518210221j:plain

 

グリップ周辺が濃い赤の装飾、バット~ティップはメイン。
微妙に青いラインが入っており、高級感もありますね。

f:id:somixxxxx:20190518210254j:plain

 

↓こういうチョットした装飾も所有者は嬉しいですね。

f:id:somixxxxx:20190518210423j:plain

 

 

19スコーピオンMGLとの相性が素晴らしいです(当然かw

f:id:somixxxxx:20190518210439j:plain

 

 

f:id:somixxxxx:20190518210522j:plain

デザインはそれぞれ好みが分かれるので、一概には言えませんが個人的には相当カッコいいロッドだと思います。

 

 

 

3/8スピナーベイトを付けて振ってみました。
この素直な曲がり‼
レギュラーテーパー最高です^^

f:id:somixxxxx:20190520090137j:plain

 

 

昨今多用されるマイクロガイド非採用です。
これもロッドのバランスに影響を及ぼしているのは間違いありません。

f:id:somixxxxx:20190518210657j:plain

 

f:id:somixxxxx:20190520085952j:plain

 

 

 

次回はキャストフィール等をお伝えしたいと思います。

本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北浦で3時間釣行

お疲れ様です。








珍しく?釣行ネタです。

このブログではあまり積極的に釣行ネタは書いていません、
特に深い理由は無いのですが、『釣って⇒計って』という変わり映えしない感じになっちゃうので。

でも、久しぶりの単独釣行(しかも早朝)なので書かせて頂きます^^





早朝3時間の釣りに行ってきました。
f:id:somixxxxx:20190516160632j:plain
気持ちの良い朝です^^
飛行機雲がず~と残っています=無風w





今日は流入等の小場所はやらず、オープンエリアに拘って北浦へ。





西岸の水原吠崎付近をテキサスで探ります。
f:id:somixxxxx:20190516160949j:plain



安定の汚水(おみずw)
f:id:somixxxxx:20190516161133j:plain



風はほぼ無し、水を確認するとこの時期にしてはイマイチ良くない感じがする。
f:id:somixxxxx:20190516161102j:plain




水が汚いと外道が勢いを増す気がします。
で、実際荒ぶっていましたw


水質含めどうも気に入らない雰囲気。
なので、水原石積みも完全無視し北浦大橋を渡り東岸へ移動します。





更に凪ていますが、水は西岸より確実に良いです。
f:id:somixxxxx:20190516161305j:plain



15㎝強沈んだワーム(ウイニングクロー)が十分視認出来ます。
f:id:somixxxxx:20190516161338j:plain




これだけ風も無く水もまずまず良いので、このままワームで通し反応を見る事にします。



護岸足元を主軸にテンポ良く横移動を続けます。
f:id:somixxxxx:20190516161534j:plain


30mくらい移動した所でラインが動きました。
見落としそうなほど遠慮がちな動きでした。

かなり手前で来たのでフッキングも軽めに行いました。


35㎝位でしょうか?
f:id:somixxxxx:20190516162448j:plain
とりあえず釣れて良かった^^



その後、周囲を探るも反応無しな為、移動します。
それにしても同じポイントから複数釣れるって稀ですよね?
やっぱり釣った時に荒らすので警戒モードになっちゃうんでしょうね。





上流へ数キロ移動。
f:id:somixxxxx:20190516163711j:plain
コンディションは水、流れ共に似た感じなので先ほど釣った状態と同じウイニングクロー+ビフテキ5g


先に釣れた状態が、護岸足元の僅か30㎝巾『日陰』だったので、意識してなるべくキワを丁寧に探ります。


真剣に釣りをしながらも他の環境も楽しみます。
こんな狭い間から小さな花が・・

f:id:somixxxxx:20190516172825j:plain



f:id:somixxxxx:20190516163740j:plain
小水門近くでグインと荒っぽく引かれました!
さっきとエライ違いで良く引きます、外道?


ジャンプ⇒バスだ!



結構パワフルなバスでした^^
f:id:somixxxxx:20190516163846j:plain
サイズUPです^^
41㎝はあるかな?



前々から思っていたのですが、
ウイニングクロー釣れますね、明らかに・・
こういうメジャーなルアーほど適当に『釣れます』って言うのが嫌なので触れなかったのですが、、
妻もこれのテキサスで釣ってますし、よく言う『居れば食う』確率が非常に高い感じがします。
f:id:somixxxxx:20190516164448j:plain
dstyle-lure.co.jp



因みに自分のロッド操作イメージはこんな感じです。
f:id:somixxxxx:20190516170426j:plain
誘いのアクション⇒カーブフォール⇒ライン弛ませ⇒巻き、を繰り返します。



ただしこのワーム、、すっごい脆いですw
流石トーナメンター青木大介氏が作っただけあり釣れること最優先。
ラインがちょっと絡んだだけでクロー(爪部)はモゲます。
釣れた場合、破損率85%って感じでしょうかw

なので誰にでもオススメ出来るって代物では無い気もします。
でも釣れますよ!





ここまで来たら1時間1匹釣って3時間を〆たい!


調子に乗ってワームはもう良いから巻きで釣りたいな⇒スピナベを巻く⇒終了w


スピナベ=風と思われがちですが、自分は無風でも出します。
『キリッ』と言いつつ撃沈w

やっぱオープンの無風では・・何か狙いどころが無いと厳しいですね。
カーブフォール重視でやるもダメでした。


というわけで2匹でした。



午後からは用事が色々あり、ブツも届くので!

ブツとはコレです!
f:id:somixxxxx:20190516164412j:plain
近いうちにご紹介しますので宜しくお願い致します。


本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。

シマノのリール作りに感激した話。

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

日本が誇る釣具2大メーカー、シマノとダイワ。
リールで、シマノとダイワで何か違いを感じる部分ってありますか?
ブレーキの違いとか、巻き心地といったシステム的なもの以外で、です。

 


自分はどちらも好きで、ダイワ党・シマノ党と決めてはいません。
ただ、個人的には「ココが違う」的なものは明確には無かったんですね。

どちらもクオリティーは高く、性能も一級品です。
日本のメーカーは優秀です。

 

 

 

 

実は先月、釣りをした際に少しですが怪我をしましたw
その流れで偶然ある違いに気付き「おっ!」と思った事があります。

 

 

 釣行中にチェイスを感じた瞬間、体が反応してしまい即フッキングしました。
良くある「ビックリ合わせ」です。


ワンテンポ置いてから合わせるつもりが、集中力が途切れている時にアタリを感じると!★思わず体が反応しちゃう時ありませんか?
釣り動画見てるとプロも良くやっちゃってますよねw

正にソレで思いっきりフッキングしてしまいました。
結果、すっぽ抜けたわけですがw

 

 

同時に人差し指の関節部分を切ってしまったのです。
切るというよりメクれて流血した感じですがw

 

何をしたらそんな事が?!
と言われちゃいそうですが、自分も初体験で・・
ほんとビックリです;;

 

 

わざわざ流血画像を撮っても仕方ないと思ったので写真は残していませんw
↓2週間経過しているので傷は完治しています。

f:id:somixxxxx:20190513091450j:plain



 

 

で、何で怪我をしたか?


リールで切ったんですよw
信じられますか、リールで流血するってw

 


その時に使用していたリールは『ジリオンSV TW』 です。
どうやって切ったかと言いますと。。

 

 

 

 

↓こんな感じですw

f:id:somixxxxx:20190513091645j:plain間抜けな話です・・

 

 

 

ハンドルにバリがあって処理が酷いとかそんな事は全くありません。
しかし相応に早い速度で指を打ち付ければ『ベロン』といく事があるという事です。
いや、本当に勉強になりましたw

f:id:somixxxxx:20190513092125j:plain

気を付けないとなぁ、と思いながら自宅でリールを見ていたらある事に気付きました。

 


シマノ(スコーピオンDC)のハンドルの処理です。
とっくに気付いている方はいると思いますが、自分は今回初めて気づきました。

 

 

 ハンドルの、自分が打ち付けて切った部位と同じところ、
『面取り』どころじゃないです、しっかりとカーブ処理されています!

f:id:somixxxxx:20190513091916j:plain


指が当たる可能性がある片側のみ、なだらかになっています。
これなら間違いなく流血する事は無かったと思います。

 

 

このカーブ処理ですが、
当然ながらリールそのものの性能には全く意味は無く、更にはハンドルの製作工程ではかなり非効率な作業が入っていると言えます。

 

 

考えてみれば、昨今のシマノはグリップもL/Rで専用形状になっていますよね?
勿論、その形状はそれぞれ好みにより良し悪しは変わると思います。

f:id:somixxxxx:20190513092204j:plain

しかし、これも効率重視の観点から見れば逆行しています。
正に‘‘気づかい‘‘レベルの部分です。

 

 

 

 

そして、更に驚いたのが、
先月届いた『スコーピオンMGL』ですが、

 


ハンドル見て下さい・・
カーブ処理が上下両側に施されています!
17スコーピオンDCでは片方向のみだったのが、両方に・・ 

f:id:somixxxxx:20190513092350j:plain

 

工業用品は特にですが、新しくなるほど無駄を省く傾向にあります。
なので、この方針には驚きました。

 

 

少なくとも現時点では、ダイワのベイトリールは高額グレードでもこのような処理はされていません。

 

ダイワが悪いとは全く思いませんし、自分の中では変わらず好きなメーカーです。

 

ただ、このシマノの心意気すら感じ取れる気づかいには、素直に嬉しいと思いました。
人によっては純正ハンドルなんて即交換となる場合もある部分です。
正に小さな気づかい程度の事かもしれません。

ここが今回感じた違いです。

 

 

本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。

 

 

 

 

 
 
 

霞ヶ浦水系、釣り人と無関係のゴミ問題

お疲れ様です。










先日、リールの飛距離テストに鰐川護岸沿いに行った際、驚かされた事をお伝えしたいと思います。
www.meiro.xyz


鰐川護岸は道を挟んだ反対側に使われなくなった駐車場やチョッとした建造物があります。
f:id:somixxxxx:20190508131331p:plain

Googleマップの拡大では何もありませんが・・
f:id:somixxxxx:20190511124720p:plain




リールテスト中に『バンッ』と車を停める音が・・
こんな人気の無い時間、だだっ広いスペースでわざわざ自分の車の隣に停めるって何だ?
トナラーか?w



違和感を感じたので機材を持って自車を確認に行くと・・



どうやら市の人達だったようです。
空き駐車場側を見ながら何やら話しこんでいました。


とりあえず自分には無関係の事だったので、その時ほっといてリールテストを再開しました。




後に車に戻り、さっきの駐車場の方を良く見ると、凄い光景が。

雑草で隠れて気が付き難くかったのですが、奥の駐車場エリアに不法投棄の山が!
f:id:somixxxxx:20190511123119j:plain




f:id:somixxxxx:20190511123224j:plain
酷くないですかコレ!?
駐車場3区画以上にゴミが投棄されています。


f:id:somixxxxx:20190511123359j:plain
茨城県は『人目に付きにくい』空き地や林にこういった不法投棄が非常に多いのです。


酷い所だと、広い空き地に怪しい業者が突貫の門(内部が見えないように隔離)を作る⇒トラックが出入り。
穴を掘って何かを投棄し、そのあとフタ(盛り土)をして更にその上にソーラーパネルが出来た所もあります。



護岸沿いだとチョット釣り人のゴミが落ちているだけで、厳しい目を向けられますが、市全体で言うともっとシャレにならないゴミ問題が正に山積している状態だったりします。


確かに釣りゴミを目にする事はありますが、出入りする人の数を考慮すると個人的には優秀な方だと思ったりします。
他者が捨てたゴミを拾って処分して下さる人も良く見ますし、他の趣味ではもっと酷い状況を目にしたりもします。




話は逸れますが・・
子供から聞いた話で、学校で北浦のゴミ拾いデーの話をしていた時に、、
『釣り人の車の所にいっぱいゴミがあります!」
的な発言をしていた子がいたそうですw
痛い痛い痛いw
f:id:somixxxxx:20190511131053p:plain



取りあえず、茨城県は不法投棄が酷いという事ですw
地元民としては釣りゴミも勿論ですが、こういった悪質な不法投棄をなんとかしないとマズイと思っています。


本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。



 
 
 
 

 

スコーピオンMGL ジリオンSV TW スコーピオンDC【飛距離比較】

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

連休も終わり霞水系も平常運転になった所で、新しく購入したスコーピオンMGLの飛距離を計測してきました。

 

※末尾に平均値を簡単に表にしたものがあるので、時間の無い方は一気に下に移動してみて下さい。

 

 

 


使用感含め、自分の信頼するリール2種

ジリオンSV TW17スコーピオンDCを比較対象にしてみました。

17スコーピオンDC × ジリオンSV TW 比較 - バス釣りめいろ

f:id:somixxxxx:20190508130706j:plain

 

 

 

今回の飛距離計測に『デプスチェッカー』を購入しました。
写真でも見易いようにと、奮発して文字の大きいデジタルを選びました。

が、目視では抜群に見えるのに写真には液晶文字が写り難く撮影向きではないですW
写真にはアナログの方が無難かもしれません。

 

 

 

 

 

テスト場所は、邪魔にならないよう人の少ない鰐川護岸を選びました。

f:id:somixxxxx:20190508131331p:plain

 
 
風も穏やかで人一人いません。
試投に丁度良い環境です。
ピーカン無風で元気なのは外道のみ、水面をチャプチャプ鳴らしていました。

f:id:somixxxxx:20190508131427j:plain

 
★概要はこんな感じです。
リールは計3種。
19スコーピオンMGL
17スコーピオンDC
16ジリオンSV TW
 
 
試すルアーも3種。
ピッコロ(6.5g)
各種3回づつ計測し平均を。
 
 
ワーム重視ですが、基本何でも無難に使える懐があるロッドです。
 
ラインはナイロン14lb
サンヨーナイロンGT-R N-spec MH
※ナイロンの14lbを選んだ理由。
昨今のバスフィッシングではフロロの14~16lb程度が無難だとは思いますが、本日のテストは軽めの6.5g程度のルアーの飛び、フィーリングも視野に入れるのでフロロの14~16lbは余りにフェアでないと思った為、ナイロンを選びました。
 
 
 
又、ブレーキ等の設定値はあえて表示致しません。
機器の個体差もありますし、人によっては
「もっと設定値下げられる!」
と言う人もいれば、逆に・・
「ピーキー過ぎる!」
という場合もあると思います。
 
なので、一応古いベイトリールも使っていた者が、釣る際にストレスにならない程度の設定値を各ルアーに合わせて調整している、くらいに見て頂ければと思います。
投げる力は8割強程度をイメージして投げています。
 
 
内容について、
動画ではないので全ての透明性を証明する事は無理があります。
実際に投げているか、投げた後の計測に不備が無いか等。
ですが、自分がこのサイトで最も重要視している事は『信頼』です。
何卒よろしくお願い致します。

 
 
 
 
 
 
 
まずは、16ジリオンSV TW
重いルアー順に行きます。
 
T.Dスティーズバイブレーション(16.5g)

f:id:somixxxxx:20190508134202j:plain

 
 
 
 
 
 1回目(46.6M)

f:id:somixxxxx:20190508134919j:plain

 

2回目(48.0M)

f:id:somixxxxx:20190508134934j:plain

 

3回目(48.4M)

f:id:somixxxxx:20190508134948j:plain

=平均47.6ⅿ

 
 
 
次は、
レベルクランク10g

f:id:somixxxxx:20190508135407j:plain

 
 
1回目(31.8M)

f:id:somixxxxx:20190508135519j:plain

 
 
2回目(33.8M)

f:id:somixxxxx:20190508135637j:plain

 
 
3回目(31.7M)

f:id:somixxxxx:20190508135716j:plain

=平均32.4m
 
 
 
次は、
ピッコロ(6.5g)
通常のベイトリールではチョット厳しくなり始めるウェイトです。
飛距離、フィーリングはどうでしょうか?

f:id:somixxxxx:20190508140113j:plain


 
 1回目(24.2M) 

f:id:somixxxxx:20190508140209j:plain

 
 
 2回目(25.1M)

f:id:somixxxxx:20190508140307j:plain

 

 3回目(24.3M)

f:id:somixxxxx:20190508140400j:plain

=平均24.5M
 意外に飛びますし、ストレスもありませんでした。
 このサイズのルアーがベイトリールでこれだけ飛べば十分な気がします。
 
 
 
 
 
 
次はスコーピオンDCです。
危うくサイドプレート内のライン種類設定を忘れる所でした!
最近このリールでナイロンを投げる事が無かったのでフロロ設定のままでした。
投げる前に気付いてよかった~

f:id:somixxxxx:20190508141602j:plain

この後、スティーズバイブレーション用にメカニカルブレーキ含め暫く設定値を探りました。
 
 
T.Dスティーズバイブレーション(16.5g)
1回目(54.6M)
f:id:somixxxxx:20190508141952j:plain
50超え来ましたね!
抵抗の少ない良く飛ぶルアーを投げるとDC音が変わります。
10g程度のクランクだと『キーン・・』ですが。
このバイブレーションクラスだと『キーン・・・フィーン
って感じで次のステップに移行したような雰囲気があります。
 

2回目(57.4M)
僅かに追い風になっているかもしれません?

f:id:somixxxxx:20190508142805j:plain

 

3回目(58.1M)

f:id:somixxxxx:20190508142831j:plain

=平均56.7m
う~んやっぱりDC飛ぶんですね・・
今までまともに計測した事無かったので、現実を見せられましたね。
 
 
 
 
 
 
次は、
レベルクランク10g

f:id:somixxxxx:20190508150529j:plain

↑実はこのルアーの掛け方は好きじゃないのですが、塗装に優しくないし・・
でもルアーとリールを一緒に撮影しようとするとコレが無難で、そ~っとフックを掛けていますw
 
 
1回目(34.7M)

f:id:somixxxxx:20190508150834j:plain

 
 
2回目(32.2M)

f:id:somixxxxx:20190508151012j:plain

 
 3回目(33.8M)

f:id:somixxxxx:20190508151243j:plain

=平均33.5m
これも少しの差ですが、ジリオンSV TWを超えてきましたね。

 
 
 
 
 
次は、
ピッコロ(6.5g)
軽めのウェイト、DCではどうなんでしょうか?自分も興味深々です。

f:id:somixxxxx:20190508151603j:plain

 
1回目(28.8M)

f:id:somixxxxx:20190508151742j:plain

 
 
2回目(25.5M)

f:id:somixxxxx:20190508151855j:plain

 
 
3回目(27.0M)

f:id:somixxxxx:20190508151948j:plain

=平均27.1m

飛びますね!6.5g程度なら十分に許容範囲といった感じです。

 
 
 
 
 
お待たせしました。
ラストスコーピオンMGLです。
先方のSVDCのブレーキシステムに比べ、決して新しいとは言えないSVSブレーキですが地道に改良を繰り返し、研ぎ澄ました性能は市場でも高い評価を得ています。

f:id:somixxxxx:20190508152724j:plain

※最初にSVSの内部ブレーキの設定のみお伝えしますと、自分の場合は本日のコンディションでは内部2個OFFが最も使いやすかったので全ての設定をこれで通しています。 
 外部ダイヤル及び、メカニカルブレーキをその都度ルアーに合わせて設定する感じです。
 
 
 
 
T.Dスティーズバイブレーション(16.5g)
1回目(51.5M)

f:id:somixxxxx:20190508153350j:plain

これも50M超えですね!
 
 
2回目(50.8M)

f:id:somixxxxx:20190508153455j:plain

 
 
2回目(54.9M)

f:id:somixxxxx:20190508153551j:plain

=平均52.4m
 
 
 
 
 
 
次は、
レベルクランク10g

f:id:somixxxxx:20190508153830j:plain

 
 
 
1回目(34.1M)

f:id:somixxxxx:20190508153910j:plain

これもストレスフリー、抵抗感無く飛びます。
 
 
2回目(34.4M)

f:id:somixxxxx:20190508154040j:plain

 
 
3回目(33.0M)

f:id:somixxxxx:20190508154149j:plain

=平均33.8m
非常にニュートラルなフィーリングで気持ちが良い飛びですね。
 
 
 
 
 
 
次は、
ピッコロ(6.5g)

f:id:somixxxxx:20190508154453j:plain

 
 
1回目(25.2M

f:id:somixxxxx:20190508154536j:plain

 
 
2回目(24.7M)

f:id:somixxxxx:20190508154629j:plain

 
 
3回目(26.9M)

f:id:somixxxxx:20190508154708j:plain

今更になって外道の死骸の臭いにキツくなり小移動しましたw
=平均25.6m
十分優秀ですね、フィーリングも違和感無くピーキーさもありません。
 
 
 
 
以上で飛距離テストを終わります。
最後に、フィーリングと自分が感じた事などをまとめたいと思います。

f:id:somixxxxx:20190508155020j:plain

 
平均値まとめ★

f:id:somixxxxx:20190508160112p:plain

自分的にはスコーピオンDCの適応力の高さに驚きました。
 
 
6.5ℊ程度のルアーに関しては、ロッドをもう少し柔らかいクラスのものに変更するだけで、3機種共にもっと気持ち良く使用出来る筈です。
 
 
 
但し、ご存知の通り飛距離だけが釣果に直接影響するわけでは無いのが釣りです。
別にジリオンSV TWをフォローするつもりはさらさら無いのですが、バックラッシュ耐性に関しては間違いなくジリオンが頭抜けています。
 
 
自分のイメージですが、ジリオンSV TWは飛距離を担保にバックラッシュ耐性を高めている感じです。
 
 
以下、単純に性能ランクを付けるとこんな感じです。
 
 
〈飛距離〉 
スコーピオンDC    ★★★★★
スコーピオンMGL ★★★★
ジリオンSV TW  ★★★
 

〈バックラッシュ耐性〉
スコーピオンDC    ★★★★
スコーピオンMGL ★★★
ジリオンSV TW  ★★★★★
 
 
〈キャストフィール〉
スコーピオンDC    ★★★(DC音は評価に入れていません)
スコーピオンMGL ★★★★★
ジリオンSV TW  ★★★
 
 
そうです、どれも得意不得意がある感じです。
完璧はありません、ご自分の好みやスタイルに合わせて選んで下さい。
今回のテストが購入の参考になれば幸いです。
 
 
 
お疲れ様でした。
 
本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。