バス釣りめいろ

霞ヶ浦・北浦の近場に在住。 ブラックバスは何処でも釣れて、 何処でも釣れません。 結局『○○ポイントが釣れる』という情報は案外当てになりません。 釣れる場所(条件)は人の出入り含め、刻々と変化します。 釣れない時は“めいろ”に迷った心境。 本能で行動するバスの居場所を読み解く。 そのプロセスを皆さんと共有出来ればと思っております。

ーサイト紹介ー

このページは当ブログの主旨と、管理人である私の環境等を少しご紹介させて頂きます。

したがって巷でいうGoogleアドセンス用に設定する『プライバシー・ポリシー』とは全く違う内容になります。

 

 

 

 

 

【管理人の住まい】

私の住む地域は、霞ヶ浦水系と北浦水系に挟まれており、遠方からこの水系に釣りに来る方からすれば、恵まれた環境かも知れません。
家を出れば数分で水辺なので、通勤時含め毎日のように目にしております。
地元の人間ならではの視点と感性で情報を提供出来ればと思っております。

f:id:somixxxxx:20190223230904j:plain

北浦西岸~早朝の太陽

 

 

 

【釣り歴】

釣り歴は空白期もありますが、川村光大郎氏と同年齢なので30年近くになります。
昔はこの霞ヶ浦水系で釣りをする人々と言えば、ヘラ師やコイ師が大半を占めておりました。
今のように都内や他県の遠方から釣りに来る方は極稀でした。
当時は、現在のようにYouTubeやSNSを参考にテクニックを身に付ける環境が全くと言って良い程無かった為、図書館で借りた本や人から教えてもらう程度、結局ほとんどは我流でした。
スピニングリールの持ち方やベールの開閉についても相当後になってから知った位です。

 

 

 

 

【釣行について】

釣行記録につきましては、毎回ブログにアップしません。
『釣って』『撮って』の内容は他の方が沢山アップしているので、殆どの方が見飽きていると思います。
なので多少でもネタになるような事が無ければ載せない時もあります。

f:id:somixxxxx:20190223231952j:plain

 

 

 

 

【タックルなど】

タックルは基本、中級機(ミドルクラス)を好んで使います。
道具バサーでは無いので、釣るために必要な道具を最低限揃えて愉しむ釣りです。

f:id:somixxxxx:20190223232053j:plain

『ポリシー』としてタックル紹介の記事は、確実に使って(なるべく長く)感想を述べさせて頂いております。

昨今ネットで蔓延する、所有してもいないのにスペックだけ紹介し誘導する形態、或いはルアーを買って使ってもいないのに「釣れそうだ」で〆る情報とは一線を画します。

 

アフィリエイトとしてタックルのリンクは貼っておりますが、私に心付したくない場合はお手数ですが、リンクの文言のみを検索してチェックして下さい。
勿論、リンクのクリックはブログの励みになるのは事実ですが、何よりも大切にしたいのは「何となく楽しめる」雰囲気です。
気楽に巡回し楽しんで頂くのが管理人の至上の喜びでもあります。

 

 

当ブログ紹介をここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。