バス釣りめいろ

霞ヶ浦・北浦の近場に在住。 ブラックバスは何処でも釣れて、 何処でも釣れません。 結局『○○ポイントが釣れる』という情報は案外当てになりません。 釣れる場所(条件)は人の出入り含め、刻々と変化します。 釣れない時は“めいろ”に迷った心境。 本能で行動するバスの居場所を読み解く。 そのプロセスを皆さんと共有出来ればと思っております。

おかっぱりオススメの【タックルバッグ】

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかっぱりでのタックルバッグは必需品と思いますが、どんなタイプを選んでいますか?

 

 

フィールドを見ると主に『ショルダー型』『ヒップバッグ型』を使用している方が多いでしょうか?

 

 

 

 タックルバッグって、かなり重要だと思うんですよね。

 

常に肌身離さず所持しているので、積載量や扱い易さ含めそれが釣るまでの見えない部分の貢献があるのは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

今回は自分が使用したタックルバッグの

メーカー違いのショルダー&ヒップバッグの2種類を使い回した率直な感想を述べさせて頂きます。

 

www.daiwa.com

 

www.purefishing.jp

 

 

 

 

 

 

ダイワ:ヒップバッグLT 

アブガルシア:ワンショルダーバッグ2 

どちらも一年以上使用したので、良し悪しが見えて来ました。

 

 

 

左ワンショルダーバッグ2

右ヒップバッグLT 

f:id:somixxxxx:20180802165123j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずヒップバッグLTから。

 

良い点として、

両腕がフリーになり易いことが上げられます。

 

 

ショルダー型だと後ろに荷物を回しても、常時肩にベルトが掛かっています。

 

 

なので完全なフリーにはならず、高精度キャストを要する状況下では片側の肩に負荷が乗っているので、バランス的には不利です。

 

 

又、釣った時にランディングする際(斜め+中腰)バッグがくるっと移動してしまい、慌ててしまう事も。

 

 

 ヒップバッグ型のメリットは、ズレ難い+バランスの良さだと思います。

 

 

キャストってゴルフや野球等で言うスウィングと同じで、フォームのバランスが重要なのは間違い有りません。

 その為、重量物を『左右対称』に配置出来るのは大きなメリットです。

 

 

 フィッシングショー等でプロがキャスティングセミナーを行っているのを良く見ます。

けどその時は、ゼロ装備の最高の状態で行っています。

 

 

普段フィールドでバッグを背負いキャストされている方は、一度無しで投げてみると確実に精度が向上したのを体感出来ると思います。

 

 

 

 

 

 

後は、出し入れのし易さですね。

ルアー交換時、後ろ側に回してあったバッグをクルッと前に移動させれば、上部に小物を置いて作業OK 。

f:id:somixxxxx:20180802164035j:plain

 

 

又、ヒップバッグLTは上部ファスナーに微妙な傾斜が付いているので、ゲットしたバスと自撮りする場合にカメラ置き場にも化けます。

f:id:somixxxxx:20180802164237j:plain

 地味にポイント高いところです。

 

 

 

 

 

 

 

【ヒップバッグLTの収納】

 

多分なんですが、設計段階で釣り師ご用達のタックルケースメーカー『メイホウ』の展開するケースのサイズに合わせて作成していると思います。

とにかくメイホウのケースがピッタリ収まる。

 

 

f:id:somixxxxx:20180802165026j:plain

 

 

針やシンカーを入れる小型ケースもピッタリ収まります。

f:id:somixxxxx:20180802165046j:plain

 

 他、サイドポケットやニッパー・カラビナ等の収納も抜かりなく、剛性もしっかりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次はワンショルダーバッグ2です。

 

その名の如く斜め掛のショルダーですが、ヒップバッグLTより若干大きめです。

f:id:somixxxxx:20180804091556j:plain

 

 

良い点は、ロッドホルダーがしっかり固定出来る工夫がなされています。

(身動きしてもビシッとロッドが固定されています。) f:id:somixxxxx:20180804091425j:plain

バッグに付属するロッドホルダーってイマイチ安定性に欠けているものが多く、ロッドが邪魔な方向に傾いてしまったりしませんか?

 

 

ワンショルダーバッグ2はロッドを締め付け固定するゴム紐が装備されているので、確実にホールドしてくれます。

f:id:somixxxxx:20180804091208j:plain

 

 

 

 

 

 

他には、意外にスリムなんですよね。

装着した際の『出っぱり』はヒップバッグLTより明らかに少ない感じです。

f:id:somixxxxx:20180804091758j:plain

 

 常に装着しているものなので、傘張らないに越したことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、この2つを個人的ではありますが、比較してみたいと思います。

判断の基準を3項目に分けます。

1、収納力

2、扱いやすさ

3、強度

 

 

 

 

1、収納力ですが、これは使う人により優劣が分かれそうなので、何とも言えませんがメイホウケースを多用する自分の場合は、コンパクトでピッタリ収納出来るヒップバッグLTの方が合っていました。

 

f:id:somixxxxx:20180804092231j:plain

↑ ワンショルダーバッグ2はサイズは大きいんですが、結局こんな感じでスペースが余ってしまうんですよね。

余ったスペースに小物を入れると、今度はルアーケースの収納時に接触して仕舞いにくい。

但しこれは使う人によってこの大きさがベストになる方もいると思いますし、この大きさがダメだとは全く思いません。

 

 

 

 

 

2、扱い易さ

これはヒップバッグLTが使い易かったです。

地味な所も手が入っているのが要因です。

 

 

 

 

ファスナー部だけでもかなり違います。

ファスナー部の開け閉めの際、ヒップバッグLTは片手で出来ますが、ワンショルダーバッグ2だとかなりやり難く反対側を手で掴まないとスムーズに開閉出来ません。

 

原因はコレ↓です。

f:id:somixxxxx:20180804093252j:plain

 ファスナー側面にしっかり補強が入っているんですよね。

これがあるお陰でスムーズに開閉出来ます。

又、ファスナー部も見てみると準防水処理が施されています。

激降り釣行以外はコレで浸水を軽減出来ます。

 

 

 

 

 

ニッパー収納一つにしても両者全く違う作りです。

ヒップバックLTの方がしっかりしています。

厚い生地でビシッと固定されて片手でも出し入れラクです。

f:id:somixxxxx:20180804094117j:plain

 

 

ワンショルダーバッグ2

薄くて長いマジックテープがテロンとなっており、落下の心配も有ります。

f:id:somixxxxx:20180804094107j:plain

 

 

 

 

 

 

 

後は、ヒップバッグLTには手持ち用のベルトが付いています。

コレが、有る無しでは結構違います。

自宅から車へ運ぶ際やチョッと移動する場合。

わざわざ肩に下げるのが億劫な時に、有り難い気遣い装備です。

f:id:somixxxxx:20180804094951j:plain

 

扱い易さに関して、考え込まれていると感じるのがヒップバックLTです。

 

コレは他のメーカーを使ってみないと気が付かない部分で、自分も後になって思い知らされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3、強度

 

もう画像で見て見て頂ければ瞭然だと思います。

f:id:somixxxxx:20180804094908j:plain

 

f:id:somixxxxx:20180804095020j:plain

 

 ヒップバッグLTは肌に触れる部分は補強があり、更に要所でも強弱を使い分け扱い易さと強度を上手く両立している感じです。

 

 

ワンショルダーバッグ2は何となくグニャンとしており、ちょっと頼りない感じが・・

 

 

因みにヒップバッグLTの方が一年以上長く使っています。

なので、ベルト部分等は少し色が飛んでいます。

 

 

 

 

 

という事で、本当は両方をオススメしたかったのですが、ヒップバッグLT推しの紹介になってしまいましたw

どちらも現場で1シーズン以上使って感じた事なので、リアルなレビューのつもりです。

 

 

ダイワってルアーにしてもバッグにしても他の有名メーカーより安めなので、自分にとっては有難いメーカーです。

(ダイワ信者ではないですよ?w)

 

 

 

 

 

ショルダー型が好きな方はダイワのショルダーを試着してみると良いかもしれません。

 このショルダーはヒップバッグLTの血統のようなので、自分も気になっています。

 

常時装備して、見えない所で間接的に貢献するバッグは立派な釣具ですよね。

 

 

 

本日もここまで読んで頂き誠に有難う御座いました。